たまごのコナンブログ

当ブログは主に「名探偵コナン」のあれこれを語ります。

はじめまして

はじめまして、たまごといいます!
この度ブログを開設しました。このブログでは「名探偵コナン」の考察や人物紹介、事件紹介など色々と書いていく予定です。
定期更新は毎週水曜日。よろしくお願いします!!

管理者について

管理者:たまご

コナンファン歴20年。
気が付いたら隣にコナンくんがいた。「ブラックインパクト!組織に手が届く瞬間」以来、FBIの赤井さんが大好き。
コナン検定1級取得。

Twitter

@tamago_conan
気軽にフォローしてください。

お問い合わせ

何かありましたらこちらまで遠慮なくお問い合わせください。
conan4869tamago@gmail.com

今週のコナン 羽田事件の真相①

※本誌ネタバレ注意

あらすじ

コナンを呼び出してチェスの駒の写真を見せながら、17年前にアメリカで起こった羽田事件のときにアマンダ・ヒューズが残したダイイングメッセージを解いてほしいと依頼する黒田管理官。一方そのころ、若狭先生も羽田事件のことを思い出していて・・・。

また、阿笠博士や小林先生、少年探偵団がコナンを待っていたカフェの外では若狭先生を狙撃しようと狙っているキャンティとコルンの姿が。2人のイヤホンにはラム直々に狙撃の指示が入ってきた。

今週の感想

本編とは関係ないですが『黒鉄の魚影』のキービジュアルお披露目のページに「ジンの右側にラム」としっかり書かれていて地味にショックを受けました。そういうところで原作より先に明かさないでほしい・・・。だって原作ではまだ彼がラムだとは明記されていないんですよ。

原作の方でも彼がラムかのような雰囲気になってはいますが、まだ本人がラムと名乗ったわけでも誰かが彼をラムと呼んだわけでもないわけです。だからこれまでのラム考察で別の人をラムだと予想していた人にとってはまだワンチャンあると思いたいのに、変なところで踏みにじらないでほしかったです。確定するなら本人またはコナンくんの口から知りたかった。

 

怪盗キッド

怪盗キッド(かいとうきっど)とは

プロフィール

CV山口勝平

世間を騒がす大泥棒。

人物像

神出鬼没の大怪盗で、マジックを使ったその華麗な手口から犯罪者でありながらファンが多く「月下の奇術師」として親しまれている。犯行前に予告状を出す古風なところがあり18年前から活動していたものの10年前に一度その活動を停止、ところが最近になってまた活動するようになった。

かつては様々な美術品を狙っていたが、活動を再開してからはビッグジュエルと呼ばれる大粒の宝石にターゲットを絞るようになった。また、何らかの目的を持って盗んでいるようで、目当ての宝石でなければ”本当の”持ち主に返却している。

なお、世界を股にかけて活動している怪盗キッドは窃盗犯ではなく特殊犯の扱いになるため捜査三課ではなく捜査二課の管轄である。二課の中森警部は18年前の新人の頃からキッドを追いかけており、あまりに長期間キッドの活動が確認できないと正気を失ったように無になってしまう。

実は10年間のブランクの間に世代交代しており、現在のキッドは2代目である。また、老人や若い女など証言はいろいろとあるが、仲間がひとりいる模様。

名前の由来

記者が殴り書きした彼の国際犯罪者番号「1412」を、風変わりな推理小説家が「KID」と読んでそれが世間に定着した。

家族

不明

 

2023年もよろしくお願いします

明けましておめでとうございます!

まず、1か月ほど更新さぼってごめんなさい・・・。これまでずっと脇田=ラムを信じていなかったので、最新話でそれらしい描写があったことに混乱して筆を執れずにいました。

公式で「脇田がラムです」って言われれば受け入れるしかないけど、腑に落ちない部分が多すぎて・・・。そこが納得できるような説明があったうえで確定するなら何も言うまい。新年初の更新はとりあえずここまで。末筆ながらここで失礼いたします。

脇田=ラムの場合に腑に落ちない点に関してはこちら↓

tamagoatconan.hatenablog.com

 

未回収の伏線 赤井秀一編

だいぶ間をおいてしまいましたが、今回は赤井さん周りでの未回収の伏線について語っていきたいと思います。

明美からのメールの追伸

10億円事件を起こす前、明美ちゃんは赤井さんに「組織から抜けれたら今度は本当に彼氏として付き合ってくれますか?」というメールを送っています。このメールには本文の後に追伸がありますが、その内容はまだ明かされていません。とはいえ読者の間ではほぼ確定で「志保のことを守って」的なことだと予想されています。

その根拠としては、赤井さんが哀ちゃんの護衛をしながら「彼女との約束なんでね」とモノローグで語っている点が挙げられます。そのため、追伸の内容は十中八九哀ちゃんがらみだと思われます。

「お茶会」について

ラムからの「工藤新一の情報を求む」という指令+「沖矢=赤井」の証拠を得るために工藤邸に忍び込んだ安室さん。しかし、赤井さんや工藤夫妻はその行動を読んでおり、赤井さんに突っかかる安室さんをたしなめながら有希子さんは「ミルクとレモンどちらにします?」と紅茶を勧めました。

この時のお茶会で沖矢=赤井であることを伝え、新一くんの情報はできるだけ組織には伏せてほしいというような協力関係の申し出をしたようです。ですが、まだ安室さんからの返事待ちのようで、100巻収録の海猿島の回のラストで優作さんと赤井さんが「例の件、彼から答えは聞けたかな?」「まだなにも」的な会話をしていました。

また、この時のコナンくんの反応(きょとん顔でした)からお茶会でのやり取りにこの子は一切かかわっていないと思われます。安室さんから何らかの回答があれば、お茶会の全貌が分かるようになると思っています。

劇場版26作目の特報動画が公開

11月8日公開の特報動画にて、劇場版26作目の雰囲気が分かってきました。どうやら哀ちゃんがピンチになるようで、動画のラストに「助けて」と言っているのが聞き取れます。また、タイトルはまだ正式に発表されていませんが1文字目は「黒」です。さらに、11月12日放送のアニメ終了後に流れた特報動画では、一番最後の文字が「影」なのがうっすら見えました。

このことから「黒○○○影」というのが予測できます。これから解禁されていくであろう情報が楽しみな反面、原作の雰囲気的に『名探偵コナン』という物語が終焉に向かっているような気がしています。先の展開が気になりつつもまだ終わってほしくないという矛盾した気持ちを抱えつつも、映画は楽しみです♪ 

今週のコナン キッドVS王冠③

コナンの日♪先週、先々週と読んでみてトリックも誰に変装しているのかもまったく分かりませんでした…。結局どんなトリックだったんでしょうか?

※本誌ネタバレ注意

あらすじ

鑑定士2人がキッドはもうどこかへ逃げているから早く帰してくれという中、中森警部は風神ロードから外へ出た人物がいないことから足止めを続行。そんな中コナンくんは黒く塗った手を使ってキッドが使ったトリックの推理を披露します。曰く、背景が黒い展示スペースに黒く塗った王冠があっても、パッと見はなくなったように見えるというもの。

そして王冠を黒く塗れるのはエアダスターを使っていた男性鑑定士だけです。正体を見抜かれたキッドはローラースケートを使って爆速で逃げていき、コナンくんはスケボーで追いかけます。エレベーターにはポアロの梓ちゃんがおり、キッドはとっさに彼女に変装。どっちがキッドの変装なのか分らなくて困っていると、梓ちゃんと電話で話していた安室さんが一言。

「好きです」との告白に一方は照れてみせ、もう一方は怪訝な表情を見せました。安室さんは「怪訝な表情のほうが本物」とのこと。再び正体を見抜かれたキッドは煙幕の中王冠を残して逃走、どうやら目当ての宝石ではなかったようです。富士事件が解決(?)し、いつものごとく「お手柄小学生!」とのネット記事が出回りました。一方、その記事が表示されたスマホを杖で粉砕する謎の老人の影が…。

今週の感想

今回の表紙を見たらやっとトリックが分かりました…。あの「世界一黒い塗料」ですね。展示台が黒いことを失念していました。ニット帽に隠しているわけがなかった…。そして安室さんの唐突な告白!JKからの炎上を気にしてる梓ちゃんは照れるわけがなく、「はぁ?」という何とも冷めた反応でした(笑)梓ちゃんらしいですね。

烏丸?

最後の最後に出てきたおじいさんって、烏丸?でも前に出てきた烏丸らしきおじいさんは呼吸器をつけててかなりのご老体っぽかった。今回のおじいさんは杖を持ってはいるものの呼吸器はつけてなくて、しゃんとした感じでした。どっちかは烏丸だとしても、もうひとりのおじいさんは何者なんでしょうか?

続きは2023年の1号とのことなので大分先なようですが、楽しみに待ちたいと思います。あと、『ハロウィンの花嫁』の再会上映、行くかどうか迷ってます。最寄りの映画館では上映しないみたいで、一番近いとこでも片道2時間半くらいかかるんだよなぁ。行くなら11月7日です。

今週のコナン キッドVS王冠②

遅くなりましたが「今週のコナン」です。

※本誌ネタバレ注意

あらすじ

展示台から王冠を華麗に消して見せた怪盗キッド。コナンは黒い紙か布をかぶせて目隠ししただけと推理しますが、キッドは手をかざすことでその可能性を否定。そして煙幕とともに姿を消しました。しかし風神ロード(合ってたっけ?)から外に出たものはいないため、展示室内の誰かに変装している模様。

変装したタイミングは、梓ちゃんと安室さんがデリバリーしたお食事をみんなで食べるときにケチャップがぶちまけられて、服を着替えたり汚れを落とそうとひとりになったときだと思われます。が、身体検査をしてみても王冠を隠し持っている人は見当たらず…。果たしてキッドは誰に変装しているのか?

今週の感想

梓ちゃん、ずっと現場にいたわけではなくて、一度ポアロに帰った後戻ってきたんですね。いずれにしろ「キッド様」って呼んでるので園子ちゃんなみにファンではあるようです。ところで私、いつの間にやら梓ちゃんより年上になっていたことに驚き…。

次週の考察

何もわかりません(潔し)。いったいどうやって王冠を消したんでしょうね?ただ、何となくおばあちゃんのニット帽怪しいなって思ってます。持ち方がね、違和感あったんだよなぁ。私はニット帽をあんな風には持たないです。なんか柔らかい毛糸って感じじゃなくて芯があるというか、固さを感じました。

結局分らん

ここまで考察してみましたが、結局よく分からずじまいです。王冠の消失トリックは皆目見当がつかないし、キッドが誰に変装してるのかも何となくでしかないし…。キッド絡みのエピソードでトリック見破れたこと、そういえばないなとふと思いました。この前風見さんに変装してた時も見破れなかった…。

今週のコナン キッドVS王冠編

コナンの日でございます。本題に入る前に先週、先々週と何のアナウンスもなく定期更新をお休みしてしまいました。基本的に毎週水曜日に定期更新していますが、難しいときは今後Twitterでアナウンスするようにします。反省。

※本誌ネタバレ注意

あらすじ

次郎吉おじさん所有のビッグジュエルの付いた王冠(名前忘れた)を狙って予告状を出したキッド。そんなキッドを警戒してキッドキラーことコナンくんが呼ばれました。今回も警備体制は万全で、大人は屈まなければ通れない風が吹く通路(またしても名前忘れた)を通らないと展示スペースにたどり着けません。

また、ちょっとでも王冠が台座から離れたら通路が封鎖され、逃げ道はありません。そんなこんなで予告時間となり、颯爽と登場したキッド。3カウントするうちに台座の上から王冠が消えてしまいます。果たして、キッドはどんなトリックで王冠を消したのでしょうか?

今週の感想

キッドが予告状を出したら毎回大掛かりな仕掛けを用意する次郎吉おじさん。完全に財閥の力にものを言わせてますね。それにしても風が吹く通路とは、今とある風柱にどハマりしている(するまいと思っていたのに…)ので個人的にはすごくタイムリーでした。

あと今回、出張掲載で『犯人の犯沢さん』もありましたが、もう冒頭からカオスすぎて笑いました(笑)ラーメン小倉ではまた事件起きてるしキャンティは普通にビルから誰かを狙ってるし、隣の建物では絹川和貴くん(感じ間違ってたら申し訳ない)ときの事件起きてるし、TWO-MIXいるし色々いるし…。

今のところ何の推理要素もなし

王冠を消したトリックと言い冒頭の梓ちゃんへの変装と言い、何の推理要素もないまま終わりましたね。例えば現場に残された痕跡とか、そういうのがまだ何も明かされていないので推理のしようがありません。ひとつ言えるのは、梓ちゃん帰ってないってことはガチでキッド様推しなのね。